志望動機を良く考えておく

面接をすると必ず聞かれる志望動機。人生初のアルバイトを始めるにあたって一番困るのが志望動機だと思います。

 

どうやって書けばいいのか?もし聞かれた場合はどうやって答えればいいのか?ネットでも「志望動機はどうすればいいでしょうか」という質問を度々見かけます。

 

「お金が欲しいから」「働かなければ生活できないから」人間が働く動機といえばすべてこの2つに繋がりますが、もちろんこれではいけません。どうしてそのお店にしたのかを考えましょう。

 

いくら不景気といっても求人情報はこの世に1つというわけではありません。数多くある求人情報の中から今応募しているお店を選んだ理由を考え直してみましょう。

 

時給がよかったにしても職場が自宅から近かったにしても、絶対に嫌だと思う仕事は避けて通るのが人間の心理です。ということは、少なからずあなたは応募したお店の仕事内容に興味を持っているはず。

 

コンビニならコンビニの仕事に興味があったのでは?本屋なら本が好きだから本に囲まれた場所で仕事をしてみたかったのでは?

 

飲食店ならその飲食店に入ったことがありメニューが好きだからなのでは?あなたが気づいていないだけで心のどこかに志望動機が隠れているはずです。

 

テンプレートに沿った志望動機は無難ですが“マニュアル通り”という印象を与えます。きちんと自分で考え、自分の気持ちを伝えた方が好印象になるでしょう。